帝京科学大学 生命環境学部 生命科学科
生体機能分子科学・サステイナブル有機化学研究室

Hikaru Takaya
高谷 光

Hikaru Takaya Laboratory私たちは人と地球を繋ぐ自然環境,生命が持続的に共生・発展
していくための未来の科学技術について学び,研究しています

研究内容1

高谷研での教育と研究方針

当研究室では自然や生命に関する「なぜ?」「なに?」という素朴な疑問を「化学(科学)」をベースに勉強・研究することを第一義に考えています。頭も躰も心も働かせての気付きや体験を通じての人間的な成長と自己実現と,社会と人類の役に立つモノ・コトを創みだす研究室運営を目指しています。

MORE   →

研究内容2

高谷研での研究

高谷研では上述の様に,朝永博士の言葉を座右の銘に「ふしぎだと思う~科学の花が咲く喜び」までを,有機・無機合成化学を通じて無理なく学び,体得するために必要な能力(スキル)を「分子を想う力」「分子を観る力」「分子を造る力」として,学生やスタッフの学習・研究の段階に合わせて,それぞれを専門家や外部の研究者・研究機関の力を借りて学ぶことができます。

MORE   →

研究概要

準備中

MORE  →

サスティナブル有機化学

サスティナブル有機化学

準備中

MORE  →

生物機能物質科学

生物機能物質科学

準備中

MORE   →

文化財科学(化学)

文化財科学(化学)

準備中

MORE  →

杉 【 すぎ : japanese cedar 】

日本の固有種。我が国では太古から植林され、建材等として利用されてきた。
日本の造林面積としては最も広い樹種であり、バイオマス利用の観点からは最も重要な樹木である。

写真提供:横山操博士(京都大学)

NEWSトピックス

NEWS一覧へ →

3年生7名がラボに加わりました。 NEW
溶液XAFSの国際ワークショップ@岡崎カンファレンスセンターで招待講演をします
第72回高分子討論会のポスター発表がオススメの発表に選ばれました。
「第9回SPring-8先端放射光技術による化学イノベーション研究会
来る9月22日 京都大学量子ビーム分析アライアンス第1回成果報告会で発表します。
第72回高分子討論会でM1榊原さん、吉原さんがポスター発表します。
日本XAFS研究会「XAFS夏の学校2023」にて講演をします。「溶液XAFSによる均一触系媒反応機構の研究」
9月5日に帝京高校高大連携プログラムで模擬講義をします。
来る8月18日 第28回夏のJAIAN合宿ミーティングで招待講演します。
SPring-8(BL02B1)での実験にM1榊原さん,吉原さん2名が参加しました
吉岡更紗先生の講演会に4年生2名 3年生助言学生2名で参加しました
第55回有機金属若手の会 夏の学校で依頼講演発表しました。
第55回有機金属若手の会 夏の学校で講演をします。
山添先生(都立大)、根岸先生(東京理科大)、新田先生(SP-8)との共同研究がプレスリリースされました。
帝科ジャーナルでプレスリリースされました。
金尾先生(京大薬)、久保先生(京大工)、谷川社長(ケムコ社)との共同研究が論文発表されました。
山添先生(都立大)、根岸先生(東京理科大)、新田先生(SP-8)との共同研究が論文発表されました。
1年生助言(担任)学生さん10名と国立科学博物館にて学外授業を行いました。
SPring-8でX線回折実験をしました。共同研究実験にM1学生も参加しました。
共同研究のために山田研を訪問してNMR測定などを行いました。(M1全員)
理研との共同研究が日刊工業新聞に掲載されました。
理研との共同研究成果がChem. Eur. J誌のカバーピクチャーに採用されました!
下記のプレスリリースに関するTwitterはこちらをクリック!
京都大学の秋吉一成名誉教授、佐々木善浩准教授、Ma Yuntingさん(M2)とのマイクロ波に関する共同研究が29件のハイライト発表の1つとしてプレスリリースされました。発表内容:「高純度マイクロ波による生体高分子間会合制御~薬物送達技術開発への新アプローチ」
理化学研究所から共同研究のプレスリリースが出ました!”固体触媒を用いたフロー型カップリング反応システム”
理化学研究所との共同研究についてプレスリリースが出ました!
理研との共同研究が論文発表されました。
群馬大学の村岡貴子先生との共同研究の論文が出ました。
2023年の第1回研究室全体セミナーを開催しました。
日本化学会第103春季年会(東京理科大野田キャンパス) に4年生3名が参加しました!
高谷が企画委員を務める日本化学会春季年会の 特別企画において放射光分析(XAFS)関連のシンポジウムが 開催されました。(SP-8利用推進協議会 共催)
高谷が企画委員を務める日本化学会春季年会の イノベーション共創プログラム(CIP)企画において インフォマティクス関連シンポジウムが開催されました。
2023年度 生命科学科卒研発表会 4年生3名が発表しました。
1月25日~28日 出張実験 4年生2名が京都大学桂キャンパス(秋吉研)を訪問し、共同研究のための実験を行いました。
オンライン雑誌会 第1回 3年生13名が植物由来有用物質に関する文献調査研究と発表を行い、オンラインで佐々木先生(京大)とディスカッションをさせて頂きました。
筑波大学見学 3年生9名が山本研、中村研、笹森研、を見学させていただき、先生方から研究紹介をいただきました。
ホームページを開設しました